秋田県

企画展「高野山金剛峯寺襖絵完成記念 千住博展 -日本の美を極め、世界の美を拓く-」

高野山開創1200年を記念し、金剛峯寺に世界的に活躍する日本画家・千住博による襖絵の奉納が発表されてから、約3年。全長25メートル超の《瀧図》と全長16メートル超の《断崖図》が完成した。
本展は、千住の画業40余年の集大成と位置づけられる襖絵と床の間からなる渾身の障壁画44面を奉納に先駆けて一堂に公開するもの。あわせて、初期作品を含むこれまでの主要作品も展示する。
秋田市立千秋美術館と秋田県立美術館の2会場で、日本画の新しい可能性に挑み続けてきた千住博の世界をじっくりと楽しんでほしい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る