富山県

生誕120年 児玉希望展

近代日本画壇の巨匠・児玉希望(明治31〜昭和46年)の画業を紹介する。広島県に生まれた希望は上京後、尾竹竹坡に入門、ついで川合玉堂に師事して画技を磨き、大正10年の第3回帝展に初入選する。以後、二度の特選を受賞して画壇での評価を確立し、戦後は日展などを舞台に近代西洋絵画の研究にも意を注いで昭和32年から約一年間滞欧。水墨による抽象表現や斬新な解釈による仏画にも新境地を開き、晩年まで旺盛な創作を続けた。
生誕120年の節目に開催される本展では、幅広い作風を展開した児玉希望の代表作、約90点 (展示替あり)を網羅して、風景、花鳥、歴史人物、抽象表現、さらには水墨画や油彩画など、初期から晩年までの画業の全貌を紹介する。
前期:7月13日(金曜)~8月5日(日曜)
後期:8月7日(火曜)~8月26日(日曜)

開催概要

  • 会期

    2018.07.132018.08.26
  • 会場

  • 観覧料金

    一般800円、大学・高校生500円、中学生以下無料

    ※この料金で常設展も観覧できます
    ※小学校・中学校・高校等の児童・生徒及びこれらに準ずる方、18歳以下の方、各種手帳をお持ちの方は観覧無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    富山県水墨美術館、NHK富山放送局、北日本新聞社
  • 休館日

    月曜日(7月16日、8月13日を除く)、7月17日(火曜)

  • 開館時間

    09:30〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

フェルメール 光の王国展 2018

フェルメール全37点のリ・クリエイト(複製画)で350年前の謎を解く。 フェルメール作と認識されている全37作品を、フェルメールが描いた当時の色彩を求め、原寸大で鮮やかに再現。最新の印刷技術が可能にしたフェルメール絵画を

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る