東京都

北斎の橋 すみだの橋

公式サイト

古来より橋は、人々が交通のために川や谷といった自然を克服する一手段として架設されてきた。橋の構造や種類は、各時代における政治的、技術的制約の中で、様々に発展しており、その背景には、建設に携わった人、橋が架けられる地域の人など、多くの人々の思いがある。
本展は、北斎の作品に加えて、北斎が一生をすごしたすみだという地域にも焦点を当てた展覧会。北斎が描く橋を通して、インフラという本来の意義を越えた、橋の文化的側面を紹介する。第1章では、様々な橋の構造に着目して描き分けた北斎の代表作「諸国名橋奇覧」全11図を中心に、北斎とその門人が描いた橋の作品を展示。第2章では、墨田区内の橋を取り挙げ、北斎が生きた時代以降、橋がどのように発展し現在まで続いてきたのか、錦絵などに描かれた橋や絵葉書、図面、関連資料を通じて紹介する。北斎の描いた様々な橋をきっかけとして、現代の私たちが渡っている橋の様々な魅力に迫る。

開催概要

  • 会期

    2018.09.112018.11.04
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1200円、高校生・大学生900円、65歳以上900円、中学生400円、障がい者400円

    ※団体は有料のお客様20名以上
    ※小学生以下は無料
    ※中学生・高校生・大学生(高専、専門学校、専修学校生含む)は生徒手帳または学生証提示
    ※65歳以上の方は年齢を証明できるものを提示
    ※身体障がい者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳、被爆者健康手帳などをお持ちの方及びその付添の方1名まで障がい者料金でご覧いただけます(入館の際は、身体障がい者手帳などの提示をお願いします)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    墨田区、すみだ北斎美術館
  • 休館日

    月曜日(祝日の場合は翌平日)

  • 開館時間

    09:30〜17:30 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る