千葉県

日本赤十字社所蔵美術展 ~いつまでも変わらない人道への想い~千葉県赤十字奉仕団創設70周年

千葉県立美術館と日本赤十字社千葉県支部は、東日本大震災の発生以来、被災地に赴き美術を通した子どもたちの心のケアという復興支援活動に携わってきた。本年、千葉県赤十字奉仕団が創設70周年を迎えるにあたり、共に活動してきた当館を会場として、日本赤十字社が所蔵する美術コレクションを展示する。
このコレクションは赤十字社の理念である「人道」に共感した、日本を代表する作家たちの寄贈によるもの。本展では、通常一般公開されていない貴重なコレクションの中から日本画、洋画、彫刻、工芸、版画などあわせて約60点を展示する。日本赤十字社の制服(複製)やポスターなどの関連資料と併せて紹介するとともに、作家たちの「人道」への想いに触れてもらいたい。

開催概要

  • 会期

    2018.07.142018.09.24
  • 会場

    千葉県立美術館
    http://www2.chiba-muse.or.jp/ART/
    千葉市中央区中央港1-10-1
  • 観覧料金

    一般300円、高校・大学生150円

    ※中学生以下・65歳以上・障害者手帳をお持ちの方と保護者1名は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    千葉県立美術館
  • 休館日

    月曜日(7月16日、9月17日、9月24日は開館し翌日休館)

  • 開館時間

    09:30〜16:30 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る