埼玉県

刊行25周年記念 にじいろのさかな原画展―マーカス・フィスターの世界―(埼玉展)

にじいろに輝くうろこを持つ「にじうお」が主人公の絵本「にじいろのさかな」シリーズ。1992年にスイスで誕生し、にじうおと海に住む仲間たちとの交流をとおして、友情や愛情、やさしさや思いやりの大切さなど、さまざまなメッセージを送り出してきた同シリーズは、世界中で3000万部以上も読まれる大ベストセラーとなった。グラフィック・デザイナー、イラストレーターとしても活躍する作者のマーカス・フィスター(1960- )の絵は、親しみやすい画風や、にじみを効かせた美しい色彩が大きな魅力。そして、特殊な印刷技術によってにじうおに施されたキラキラしたうろこは、ほかの絵本にはない特徴となっている。
本展では、2017年に「にじいろのさかな」シリーズが25周年を迎えたのを記念し、同シリーズをはじめ、「ペンギンピート」シリーズなどの原画や資料約160点を展示する。会場にはCGによるスペシャル映像を用いたブースも登場。

開催概要

  • 会期

    2018.07.282018.09.09
  • 会場

  • 観覧料金

    一般600円、大学生・高校生300円

    ※中学生以下無料
    ※身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳又は療育手帳をご持参の方、及びその介護者1名は無料
    ※「川越きものの日」にちなみ、8日、18日、28日に着物で来館された方は団体料金

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    川越市立美術館
  • 休館日

    月曜日(ただし7月16日は開館)、7月17日

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

企画展「暁斎一門が描く イキイキ生き物たち」展

暁斎はさまざまな動物を飼い、写生をしていた。『暁斎絵日記』や自画伝と言える『暁斎画談』を見ると、猫や鶏、亀、小鳥などから、猿も飼っていたことがわかる。また、鯉やエビ、モグラや蝙蝠などの生き物、小さな虫に至るまで、暁斎は自

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る