静岡県

この男がジブリを支えた。「近藤喜文展」(静岡展)

近藤喜文(1950-1998)は、新潟県五泉市に生まれ育った日本屈指のアニメーター。「赤毛のアン」「火垂るの墓」など、日本のアニメーション史に残る作品で作画監督やキャラクターデザインを務め、「耳をすませば」を監督した。スタジオジブリの高畑勲・宮崎駿両監督から厚い信頼を寄せられ、メリハリのあるアクションから細やかな生活芝居まで手がける高い技術と仕事に妥協を許さない姿勢は、多くのアニメーターに影響を与えた。
本展では、スタジオジブリの全面的な協力のもと、近藤喜文が関わったアニメーションの仕事を振り返り、原画やイメージボード、スケッチなど約500点を展示。
多くの人が親しんだ清潔な人柄と暖かな眼差しによって生み出された、動画家近藤喜文の世界を、今あらためて紹介する。

開催概要

  • 会期

    2018.06.232018.09.09
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1300円、大学・高校・専門学校生800円、中学・小学生600円

    ※70歳以上の方、障がい者手帳等をお持ちの方及びその介護者1名は当日券の半額
    ※団体割引あり(20名以上は当日料金の2割引、80名以上は4割引)
    ※遠州鉄道【ナイスパス】を利用してバス、電車でご来館の方は、当日料金の2割引(美術館、市役所前、市役所南、浜松城公園入口、鹿谷町、遠州病院前駅(電車)降車の方限定)
    ※静岡県内の小学生は「キッズアートプロジェクトしずおか」ミュージアムパスポート提示により無料
    ※各割引は併用できません

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    浜松市、Daiichi-TV
  • 休館日

    月曜日(8月、9月は無休、7月16日(月)は開館)、7月17日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで ※6月23日(土)のみ10:30開館
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

葛飾北斎 BEST 7

京都浮世絵美術館が選んだ 葛飾北斎の7作品を展示する。(冨嶽三十六景より「神奈川沖浪裏」、「凱風快晴」、「山下白雨」、「五百らかん寺さゞゐどう」、「遠江山中」、「甲州石班澤」、「東海道吉田」) また、7作品とは別に会期中

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る