静岡県

開館45周年記念展 没後50年 藤田嗣治 本のしごと 文字を装う絵の世界(静岡展)

2018(平成30)年は、藤田嗣治の没後50年にあたる。これを記念してベルナール・ビュフェ美術館では、藤田の画業の中でも挿絵を中心に紹介する展覧会を開催。
フランスで画家としての地位を確立した藤田は、絵画だけでなく挿絵本の仕事にも積極的に取り組んだ。ヨーロッパでは挿絵本の歴史は古く、書物としてだけでなく芸術作品としての価値も有していた。特に19世紀後半から20世紀にかけて、希少性の高い挿絵本は愛書家たちの収集対象となっていた。藤田がパリに渡った当時のヨーロッパは挿絵本の興隆の時代であり、ピカソやシャガールら芸術家たちが挿絵や装丁を手がけた本が次々と出版され、その人気は高まる一方だった。1919年、藤田嗣治は初めての挿絵本『詩数篇』を手がけ、1920年代には30冊以上の挿絵本がフランスで出版された。すでに挿絵を手がけていた他の画家たちをも凌駕するこの仕事量は、当時のフランスでの藤田の人気を反映したものであると同時に、藤田自身が挿絵本の世界に魅せられていたことを物語っている。画家は生涯を通じて100冊を超える「本のしごと」に携わった。
本展では戦前のフランスで発行された藤田の挿絵本、1930年代から40年代の日本での出版に関わる仕事、1950(昭和25)年にフランスに移住してからの大型豪華本の挿絵などの「本のしごと」を中心に、絵画や版画といった「絵のしごと」、さらには藤田が友人に送ったハガキや絵手紙、手作りのおもちゃ、陶芸作品なども同時に展示し、藤田の幅広い制作活動を紹介する。

※展示替えあり

開催概要

  • 会期

    2018.06.232018.10.30
  • 会場

  • 観覧料金

    大人1000円、高・大学生500円、中学生以下無料

    ※学生の方は学生証等をご提示ください
    ※クレジットカードはご利用いただけません
    ※7月10日はベルナール・ビュフェの生誕記念日につき無料でご入館いただけます

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    ベルナール・ビュフェ美術館
  • 休館日

    水曜日(祝日の場合はその翌日)
    ※8月15日(水)は開館

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで ※9・10月は17:00まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

葛飾北斎 BEST 7

京都浮世絵美術館が選んだ 葛飾北斎の7作品を展示する。(冨嶽三十六景より「神奈川沖浪裏」、「凱風快晴」、「山下白雨」、「五百らかん寺さゞゐどう」、「遠江山中」、「甲州石班澤」、「東海道吉田」) また、7作品とは別に会期中

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る