静岡県

芹沢銈介のイラストレーション

公式サイト

芹沢銈介はイラストレーションの名手でもある。もともと優れた画才があった芹沢だが、デザインを学び、さらに染色を手がけたことで、その表現の幅が大きく拡がっていった。その成果は、単行本や雑誌の挿絵や小間絵、マッチ箱やグリーティング・カードなどのイラストレーションに凝縮されているといえる。肉筆、合羽刷、型染など多彩な手法を駆使し、人物、花や鳥、手仕事、風景、歴史上の出来事、現代小説の一場面に至るまで、見事に表現している。本展では、絵本や単行本のカットや挿絵をはじめ、型染の年賀状やカード、肉筆の下絵など150点を展示し、幅広く芹沢のイラストレーションの世界を展示。
展示室の後3室には、芹沢銈介の収集品の中から、芹沢の収集の原点でもある日本の小絵馬をはじめ、イコン(聖画像)、レタブロなど各国の絵画100点を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2018.07.152018.11.25
  • 会場

  • 観覧料金

    一般420円、高校生・大学生250円、小学生・中学生100円、未就学児無料

    ※静岡市内に在住または静岡市内の小・中学校に在学中の小・中学生は無料
    ※市内在住の70歳以上の方、各障がい者手帳の交付を受けている方とその介助者1名は無料
    ※特別展の場合、観覧料が変更になることがあります

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    静岡市立芹沢銈介美術館
  • 休館日

    毎週月曜日(7/16,9/17,9/24,10/8を除く)、7/17,9/18,9/25,10/9

  • 開館時間

    09:00〜16:30 
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る