大阪府

プーシキン美術館展──旅するフランス風景画(大阪展)

公式サイト

風景画というジャンルが生まれて以来、画家たちはさまざまな場所を絵に描いてきた。本展は、17世紀から20世紀に描かれた、風景表現の数々で構成される。モスクワのプーシキン美術館から、クロード・モネが印象派の誕生前夜に描いた《草上の昼食》をはじめとした珠玉のコレクション65点が来日。

開催概要

  • 会期

    2018.07.212018.10.14
  • 会場

    国立国際美術館
    http://www.nmao.go.jp/
    大阪市北区中之島4-2-55
  • 観覧料金

    一般1500円、大学生1200円、高校生600円

    ※中学生以下無料(要証明)
    ※心身に障がいのある方とその付添者1名無料(要証明)
    ※本料金で同時開催の「コレクション1」もご覧いただけます

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    国立国際美術館、朝日新聞社、関西テレビ放送、BS朝日、プーシキン美術館、ロシア連邦文化省
  • 休館日

    月曜日(8月13日(月)、9月17日(月・祝)、9月24日(月・休)、10月8日(月・祝)は開館)、9月25日(火)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで ※金曜・土曜は21:00まで
  • お問い合わせ

  • SNS

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

芹沢銈介のイラストレーション

芹沢銈介はイラストレーションの名手でもある。もともと優れた画才があった芹沢だが、デザインを学び、さらに染色を手がけたことで、その表現の幅が大きく拡がっていった。その成果は、単行本や雑誌の挿絵や小間絵、マッチ箱やグリーティ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る