広島県

詩とメルヘン絵本館開館20周年「やなせたかし展 みんな大好き!アンパンマンの生みの親」

2013年にやなせたかしがこの世を去ってから、早5年の月日が経過した。本展ではやなせたかしの故郷、高知県香美市香北町にある公益財団法人やなせたかし記念アンパンマンミュージアム振興財団の協力のもと、アンパンマンなど代表作の絵本原画や、ミュージアムのためにやなせが描き上げたアンパンマン・タブロー、やなせのもうひとつのライフワークである雑誌「詩とメルヘン」の表紙絵などを展示し、やなせたかしの創作活動の全貌を探る。

開催概要

  • 会期

    2018.07.142018.08.26
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1300(1100)円、高大生1000(800)円、小中学生600(400)円

    ※( )内は、前売りまたは団体(20人以上)の料金
    ※未就学児童は無料
    ※本展と常設コレクション展示(フランス近代美術)は共通のチケットとなります。常設コレクション展示のみのチケットは販売しておりません
    ※障がい者手帳をご持参の方は、ご本人と同伴者1人が無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    公益財団法人ひろしま美術館、広島テレビ、中国新聞社
  • 休館日

    無休

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入場は閉館の30分前まで ※金曜は19:00まで ※7月14日は10:00開場
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

アートの世界を探検しよう!~鑑賞入門第10弾~

アートの中には秘密がいっぱい!きれいな女の人の絵だけど、どこか普通と違うような…。 透き通る白い肌の女性、本の中から立ち現れる足のない女性。いったい何者? 描かれた人物の謎に迫るコーナーや、絵の題名を当てる「タイトルしり

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る