広島県

アートの世界を探検しよう!~鑑賞入門第10弾~

アートの中には秘密がいっぱい!きれいな女の人の絵だけど、どこか普通と違うような…。
透き通る白い肌の女性、本の中から立ち現れる足のない女性。いったい何者?
描かれた人物の謎に迫るコーナーや、絵の題名を当てる「タイトルしりとり」、複数の絵に共通する言葉を見つける「キーワード探し」など、いろんなテーマでアートの世界を楽しもう!
主な出品作家は、横山大観、上村松園、黒田清輝、有元利夫、森本草介、籔内佐斗司など。会期中、自然空間をアートに変える藤江竜太郎の野外作品も公開するほか、ゆらゆら動く蝶を作るワークショップも開催。

開催概要

  • 会期

    2018.07.062018.09.30
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1100円、高大生510円

    ※常設展との共通セット券(本館と新館)1540円、高大生820円
    ※中学生以下、障害者手帳をお持ちの方は無料(学生証・手帳をご提示ください)
    ※共通セット券で、本館と新館(マイセン磁器、アール・ヌーヴォーのガラス作品、薩摩焼)に入館いただけます

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    ウッドワン美術館
  • 休館日

    月曜日(7月16日、8月18日、9月17日、9月24日は開館 )

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入場は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

儀間比呂志の世界

儀間比呂志(1923-2017)は、沖縄の画家、版画家であり、絵本作家。郷土を愛する情熱的なメッセージを込めた絵本は、沖縄の民衆に根ざした歴史を伝え、多くの子どもたちの心を虜にした。人物描写を得意とする儀間作品の特徴は、

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る