香川県

高松コンテンポラリーアート・アニュアル vol.07/つながりかえる夏

年に一度の現代アートのグループ展「高松コンテンポラリーアート・アニュアル」。2009年よりスタートし、8回目の開催となる今回のテーマは「つながりかえる夏」。
今年で開館30周年を迎える高松市美術館。そこで、今一度“開かれた美術館”を意識し、世代を越えた幅広い層にアクセスしてもらえるよう、4人の作家による複数の回路で美術(館)を多方面に「つなげ」「ひらき」「ふりかえり」たい。
まず、藤浩志(1960年生、秋田県在住)は、「カエルのキャンペーン」(1994年、ライブ&インスタレーション、高松市美術館エントランスホール)来、再び高松へ“つながりかえり”、使われなくなったおもちゃによる作品《Jurassic Plastic》(仮称)を展開。また創造都市・高松が推進する事業「高松市障がい者アートリンク」でアーティストとして事業所に通う千葉尚実(1979年生、香川県在住)は、“関わる”ことによって意味や価値が生成し、変化していくユニークな作品を提示してくれることだろう。そして、30年前の8月6日に開館した当館では、この日が原子爆弾が広島に投下された日でもあることから、毎年祝い事と鎮魂が重なり合う日でもある。そんな中、代表作「戦争のかち」や「torii」シリーズ等を発表している下道基行(1978年生、愛知県在住)の参加は、美術を介した記憶の回路により私たちの心に明かりを灯してくれることだろう。最後に、山城大督(1983年生、愛知県在住)。その演劇的な装いは、声という肉体を伴い、無邪気な戯れの中、切ない感情をも呼び覚ましてくれるだろう。
なお、会期中の「美術館の日」(8月4日)と「かえっこフェスティバル」(8月11日)では、世代を越えて展覧会を楽しめるような様々なプログラムが用意されている。

開催概要

  • 会期

    2018.07.272018.09.02
  • 会場

  • 観覧料金

    一般800円、大学生500円、高校生以下無料

    ※65歳以上も一般料金
    ※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳所持者は入場無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    高松市美術館
  • 休館日

    月曜日(月曜祝日の場合は翌平日)

  • 開館時間

    09:30〜19:00 ※入場は閉館の30分前まで ※日曜日は17:00まで ※初日7月27日(金曜日)のみ展示室入室は10:15から
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る