奈良県

マンガで語る古代大和―学術と創造の融合―『天上の虹』にみる創造の世界

公式サイト

今やマンガは世界に誇る日本文化といえる。本展では、マンガ作品と文学・歴史学・考古学の成果を有機的に結びつけ、現代に創造された「古代大和」のひとつのイメージを学術と創造の融合を目的として辿る。
今回は、長年の調査研究のもと描かれ、2015年ついに完結となった里中満智子氏の『天上の虹』〈全23巻〉より、冒頭の大化の改新から我が国の古代最大の内乱とされる壬申の乱までの1巻から7巻を中心とした原稿と、関連する資料の一部を併せて消化しする。
我が国が律令国家へと生まれ変わろうとした激動の時代の息吹とともに、里中氏が創り上げた『天上の虹』の世界を、堪能してもらいたい。

開催概要

  • 会期

    2018.07.142018.09.30
  • 会場

    奈良県立万葉文化館
    http://www.manyo.jp/
    高市郡明日香村飛鳥10
  • 観覧料金

    一般1000円、高校・大学生500円、小・中学生無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    奈良県立万葉文化館
  • 休館日

    毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌平日)

  • 開館時間

    10:00〜17:30 ※入場は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

なつやすみの美術館8 タイムトラベル

時間はどんどん過ぎていく。この文章を読んでいる間にも、時間は過ぎていってしまって、二度と戻ってこない。あらゆるできごとが時間の中で起こり、時間とともに過ぎ去る。過ぎ去った時間へ、そしてまだ来ない時間への旅にあこがれる人は

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る