兵庫県

夏休み特別企画「浜口陽三と南桂子展」

本展は、国際的に評価の高い銅版画家である浜口陽三(1909-2000年)と南桂子(1911-2004年)の画業と作品の魅力を紹介する二人展。「カラーメゾチント」という新たな技法を生み出し、幻想的な暗闇の空間をつくりあげた浜口陽三。「エッチング」という技法によって童話を思わせる詩情豊かな世界観を表現した南桂子。それぞれの代表的な作品を通して、銅版画という小さな世界の奥深さに迫る。
また、夏休みの企画として、それぞれの作家が選び取るモチーフに着目し、家族で楽しめる作品紹介や、子供や大人向けのワークショップなどの企画をたくさん盛り込んでいる。

開催概要

  • 会期

    1018.07.142018.09.02
  • 会場

  • 観覧料金

    一般800円、大学400円

    ※高校生以下は無料(ただし学生証、生徒手帳など持参の方)
    ※神戸市老人福祉手帳(すこやかカード)持参の方は400円
    ※障がい者手帳など持参の方は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    神戸市立小磯記念美術館、神戸新聞社
  • 休館日

    月曜日(7月16日は開館)、7月17日

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入場は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

ガラスの「パンダ博覧会」in KOBE

上野動物園のシャンシャン誕生から1年、パンダフィーバーが続くなか、タンタンのいるKOBEでガラスのパンダ博開催! 国内外の作家が、これほどまでに人々をひきつけてやまないPANDAの魅力をガラスで表現する。

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る