東京都

野口哲哉「~中世より愛をこめて~ From Medieval with Love」

一般的に鎧兜と言うと、美麗で猛々しい武士のイメージにつながるが、野口氏が作る人物像はまるで日常の一コマのようであり、頬杖をついたり、棒立ちのまま空を見上げたりする姿には、楽しそうにも悲しそうにも、見る人の気持ちを投影する余白が広がっている。そんな不思議な佇まいと、纏う鎧兜の精巧さ

以降の記事は会員専用となります。会員の方はログインして続きを御覧ください。 会員登録がお済みでない方は会員登録をお願い致します。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る