東京都

世界報道写真展2018(東京展)

世界中の約100会場で開催される世界最大規模の写真展「世界報道写真展」は今年で61回目を迎える。今回は125の国と地域から4,548人のフォトグラファーが参加し、73,044点の応募があった。その中から、「現代社会の問題」、「一般ニュース」、「長期取材」、「自然」、「人々」、「スポーツ」、「スポットニュース」、「環境」の部の8部門において、22カ国42人の受賞者が決定。
「一般ニュースの部」では、イヴォール・プリケットがイスラム国(ISIS)からのモスル奪還を巡る戦闘に巻き込まれる市民や廃虚と化す街を捉えている。また、「人々の部」ではイスラム過激派「ボコ・ハラム」の誘拐から逃げだし、自爆用の爆弾から免れた少女たちの姿をアダム・ファーガソンが 撮影した。このほか、密猟者からの保護のため自由を脅かされざるを得ない動物、大統領に対するベネズエラでの抗議活動の模様など、世界の「いま」を克明に伝える写真の数々を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2018.06.092018.08.05
  • 会場

    東京都写真美術館
    http://topmuseum.jp/
    目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
  • 観覧料金

    一般=800円、学生=600円、中高生・65歳以上=400円

    ※小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料
    ※第3水曜日は65歳以上無料
    ※同館年間パスポートご提示者割引(同伴の方1名様まで割引)
    ※サマーナイトミュージアム割引は適用外
    ※東京都写真美術館では当日券のみ販売

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    世界報道写真財団、朝日新聞社
  • 休館日

    月曜日(7月16日(月・祝)は開館)、7月17日(火)

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※木・金は20:00。ただし、7月19・20・26・27日、8月2日・3日は21:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

禅僧の交流 墨蹟と水墨画を楽しむ

中世、日本と中国の僧たちは商人の船で渡海し、親しく交流をもっていた。その様子は、師から弟子へ与えられたものをはじめ、禅僧が書いた個性豊かな墨蹟からもわかる。一方で日本の禅僧は、中国の文人にならった文化サークルに集い、その

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る