北海道

北海道陶芸会50周年記念「陶・創造者たち―北の大地と共に―」

公式サイト

北海道陶芸会(HPS)は1968年に北海道の窯元16名により発足し、今年50年を迎えた。発足当時の陶芸は窯元だけの世界だったが、今日は誰でも楽しめる身近なものとなった。同会の構成メンバーも時代と共に変わってきたが、今も昔も粘土や窯(焼き)、技法、デザインなどを研究、工夫してより良いものを目指し作陶する気持ちは変わっていない。
本展では、会員の全力を注いだ作品に加え、2004年より交流のあるオレゴン陶芸家協会(OPA)会員、国内招待作家、道内各地で行ったワークショップ「アートポール」作品も併せて展示する。

開催概要

  • 会期

    2018.06.232018.07.16
  • 会場

    札幌芸術の森美術館
    https://artpark.or.jp/
    札幌市南区芸術の森2-75
  • 観覧料金

    一般=600円、大学生以下無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    北海道陶芸会、札幌芸術の森美術館(札幌市芸術文化財団) (共催:オレゴン陶芸家協会、公益財団法人北海道文化財団、江別市)
  • 休館日

    無休

  • 開館時間

    09:45〜17:30 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

めがねと旅する美術展 世界をとらえる、秘密をのぞく、次元を越える、だまされてみる? あるいはレンズと鏡、そして技術革新と新視覚(青森展)

現代は膨大な視覚情報が溢れている時代。それらを「見る」ための器具として欠かせないのが、「めがね」だ。視力を補うため装置であると同時に、「レンズ」もまた広義の「めがね」として、ミクロやマクロの世界を可視化したり、写真や映像

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る