東京都

「江戸名所図屏風」と都市の華やぎ

徳川家康の転封と開府をきっかけに、急速に発展した江戸の町。その繁栄をとらえた絵画のうち、「江戸名所図屏風」は明暦3年(1657)の大火以前の様子を伝える貴重な作例だ。画面には、さまざまな労働に勤しみ、あるいは歓楽街に集い、日々の暮らしを謳歌する人たちの姿が、豊かに描き出されている。本展では、2015年に重要文化財の指定を受けたこの作品を中心に、江戸を題材とした都市図の魅力を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2018.07.282018.09.09
  • 会場

    出光美術館
    http://idemitsu-museum.or.jp/
    千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビル9F
  • 観覧料金

    一般=1000円、高校・大学生=700円

    ※中学生以下無料(ただし保護者の同伴が必要です)
    ※障害者手帳をお持ちの方は200円引、その介護者1名は無料
    ※20名以上の団体のお客さまは入館料の200円引き

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    出光美術館、毎日新聞社
  • 休館日

    月曜日

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで ※毎週金曜日は19:00まで開館
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

企画展 英雄たちの戦国合戦

戦国時代、命を懸けて戦場を駆け抜けた武将 たちの姿と戦の様子を、二つの視点から照らしだす。 ひとつは、戦国武将の手紙。脚色された小説などの歴史物語とは異なり、当時の実況中継ともいえる手紙は、武将たちの様子や戦況を鮮明に伝

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る