NEW 東京都

人麿影供900年 歌仙と古筆

宮廷文化の象徴である和歌の世界。平安期には貴族たちが自らの想いと美意識を歌で詠じた。とりわけ歌仙として選ばれし歌人たちは、絵姿として伝えられ、その秀歌は麗しき仮名文字で書き伝えられている。その筆頭となる歌聖・柿本人麿の像は、歌会の守護神として床に懸けられた。今年は、歌会の儀礼である“人麿影供”が創始されてより900年。これを記念し、重要文化財の佐竹本三十六歌仙絵「柿本人麿」はじめ歌仙絵の優品に、歌仙の秀歌を記した名筆を交えて紹介する。

開催概要

  • 会期

    2018.06.162018.07.22
  • 会場

    出光美術館
    http://idemitsu-museum.or.jp/
    千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビル9F
  • 観覧料金

    一般=1000円、高校・大学生=700円

    ※中学生以下無料(ただし保護者の同伴が必要です)
    ※障害者手帳をお持ちの方は200円引、その介護者1名は無料
    ※20名以上の団体のお客さまは入館料の200円引き

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    出光美術館、朝日新聞社
  • 休館日

    月曜日(ただし7月16日は開館)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※毎週金曜日は19:00まで開館 ※入館は閉館の30分前まで 
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る