東京都

没後50年 藤田嗣治展

公式サイト

明治半ばの日本で生まれ、80年を超える人生の約半分をフランスで暮らし、晩年にはフランス国籍を取得して欧州の土となった画家・藤田嗣治(レオナール・フジタ 1886-1968)。2018年は、エコール・ド・パリの寵児のひとりであり、太平洋戦争期の作戦記録画でも知られる藤田が世を去って50年目にあたる。この節目に、日本はもとよりフランスを中心とした欧米の主要な美術館の協力を得て、画業の全貌を展覧する大回顧展を開催する。
本展は、「風景画」「肖像画」「裸婦」「宗教画」などのテーマを設けて、藤田芸術の全貌をとらえ直そうとする試み。藤田の代名詞ともいえる「乳白色の下地」による裸婦の代表作、初来日となる作品やこれまで紹介されることの少なかった作品も展示されるなど、見どころが満載の展覧会となっている。

開催概要

  • 会期

    2018.07.312018.10.08
  • 会場

    東京都美術館
    http://www.tobikan.jp
    台東区上野公園8-36
  • 観覧料金

    【前売】一般=1400円、大学生・専門学校生=1100円、高校生=600円、65歳以上=800円
    【当日】一般=1600円、大学生・専門学校生=1300円、高校生=800円、65歳以上=1000円

    ※中学生以下は無料
    ※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料
    ※いずれも証明できるものをご持参ください

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)、朝日新聞社、NHK、NHKプロモーション
  • 休館日

    月曜日、9月18日(火)、25日(火)
    ※ただし、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、24日(月・休)、10月1日(月)、8日(月・祝)は開室

  • 開館時間

    09:30〜17:30 ※会期中の金曜日は20:00まで、8月3日、10日、17日、24日、31日は21:00まで  ※入室は閉室の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

日本・スウェーデン外交関係樹立150周年記念 長くつ下のピッピの世界展 〜リンドグレーンが描く北欧の暮らしと子どもたち〜(東京展)

1941年の冬、アストリッド・リンドグレーンは、風邪で寝込んでいた愛娘を喜ばせようと、天衣無縫な女の子の活躍を次々に即興で語った。これが『長くつ下のピッピ』誕生のきっかけだ。そして1945年、第2次世界大戦終戦の年に出版

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る