北海道

ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜(北海道展)

16世紀フランドルを代表する画家、ピーテル・ブリューゲル1世。その画家としての才能は息子のピーテル・ブリューゲル2世、ヤン・ブリューゲル1世、さらに孫、ひ孫の代まで受け継がれ、ブリューゲル一族はおよそ150年に渡り、優れた画家を輩出し続けた。
本展は、貴重なプライベート・コレクションを中心に選び抜かれたおよそ100点を通じて一族の画業を辿るもので、これまでにローマやパリなどでも開催された。ピーテル1世からひ孫のアブラハムらに至る4世代の画家たちと同時代のフランドルの画家たちが描いた宗教画、風景画、風俗画、静物画など多岐に渡る作品から、一族に脈々と受け継がれた画家の魂を感じ取ることができるだろう。

開催概要

  • 会期

    2018.07.282018.09.24
  • 会場

    札幌芸術の森美術館
    https://artpark.or.jp/
    札幌市南区芸術の森2-75
  • 観覧料金

    【前売】一般=1300円、高校・大学生=600円、小・中学生=400円
    【当日】一般=1500円、高校・大学生=800円、小・中学生=600円

    ※小学生未満無料、65歳以上の方は当日料金が1,300円(団体1,200円)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    札幌芸術の森美術館(札幌市芸術文化財団)、STV札幌テレビ放送、読売新聞社
  • 休館日

    無休 【8月1日は臨時休館しています。】

  • 開館時間

    09:45〜17:30 ※入館は閉館の30分前まで ※9月は17:00まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

起点としての80年代

80年代の日本美術とは何だったのか。1980年代には今日の美術に直接つながるいくつもの重要な動向が生まれた。インスタレーションという形式、作品制作への参加や社会との関係への意識、オルタナティブ・スペース、 メディア・アー

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る