山形県

世界の巨匠たちが子どもだったころ(山形展)

おかざき世界子ども美術博物館(愛知県岡崎市)の所蔵品から、世界を代表する巨匠たちが子どもだった頃に描いた作品、約120点を厳選して紹介する展覧会。10代ですでに卓越した写生力や色彩感覚をうかがわせる作品や、形式や技法にこだわらず、絵を描くことに対するひたむきさが感じられる作品は巨匠たちの原点とも言えるだろう。本展では子どもたちに向けて、自分と同じ年代に制作された美術家たちの作品鑑賞を通して芸術の多様な世界を身近に感じてもらうと同時に、「見て、考えて、作る」ワークショップなどを実施し、新しい時代を切り拓いていく子どもたちの自由な発想や創造力を豊かにする機会とする。

開催概要

直前の記事

イラストレーター 安西水丸

安西水丸は、1970年代より小説、漫画、絵本、エッセイや広告など多方面で活躍したイラストレーター。はじめ広告代理店や出版社に勤め、デザイン等の仕事をしながら、嵐山光三郎の勧めで『ガロ』に漫画を掲載、南房総での幼少期を題材

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る