岩手県

うるわしき美人画の世界 ―木原文庫より―

公式サイト

本展は、埼玉県在住の木原眞人氏が所蔵する近代日本画コレクション「木原文庫」の魅力を紹介する展覧会。木原氏は、少年期より近世・近代の文学に親しみ、職を得た後に、この時代の文学者の書跡や資料を収集し始めた。やがて日本画の線描の精妙さ、美しさに惹かれ、近代日本画、とりわけ美人画を多く収集するようになり、それが「木原文庫」と称されるようになった。
第1部では木原文庫の粋である美人画の数々を紹介。江戸情緒を色濃く残す繊細な女性表現を得意とした鏑木清方や、大阪で活躍し、艶麗な美人画で知られた女流画家の島成園の作品を中心に、江戸期から昭和期に至るさまざまな美人画を紹介しつつ、日本画における女性表現の魅力を探る。
また、木原文庫には美人画のみならず、近代日本画の優品も多く含まれている。第2部として、明治、大正期の日本画の名手として知られる横山大観、竹内栖鳳、 冨田溪仙らの風景画や花鳥画などにより、彼らが形成した近代日本画の大きな流れを辿る。
なお、木原氏は実は岩手とは縁の深い人物でもある。今回、東北では初めて木原文庫を紹介する機会となるが、木原氏が「第二の故郷」とする盛岡での本展開催にあたり、未公開の絵画作品や文学資料、そして刀剣なども特別に出品する。

開催概要

  • 会期

    2018.06.302018.08.19
  • 会場

    岩手県立美術館
    http://www.ima.or.jp/
    盛岡市本宮字松幅12-3
  • 観覧料金

    一般=1100円、高校生・学生=600円、小学生・中学生=400円

    ※療育手帳、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名は割引あり
    ※生協組合員カードを提示される組合員およびそのご家族は団体料金で観覧可

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    岩手県立美術館、岩手日報社、IBC岩手放送、公益財団法人岩手県文化振興事業団、艶美の競演展実行委員会
  • 休館日

    月曜日(7月16日、8月13日は開館)、7月17日(火)

  • 開館時間

    09:30〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

特別展「古代アンデス文明展」(宮城展)

南米大陸を貫く山脈に沿ったアンデス地域では、16世紀にスペインがインカ帝国を滅亡させるまで、巨大な神殿やピラミッド、地上絵などをつくり上げた多様な文化が盛衰を繰り返した。 インカ帝国を含むこれらの文化はアンデス文明と総称

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る