青森県

めがねと旅する美術展 世界をとらえる、秘密をのぞく、次元を越える、だまされてみる? あるいはレンズと鏡、そして技術革新と新視覚(青森展)

公式サイト

現代は膨大な視覚情報が溢れている時代。それらを「見る」ための器具として欠かせないのが、「めがね」だ。視力を補うため装置であると同時に、「レンズ」もまた広義の「めがね」として、ミクロやマクロの世界を可視化したり、写真や映像となって、我々に新しい世界観を提示してくれる。また、「色めがね」「おめがねにかなう」などの言葉があるように、「めがね」にはものを見る際のフィルターといった意味が付されることもある。
本展では、江戸時代後期の日本に視覚の革命を起こした、西洋由来の遠近法やレンズを用いた「からくり」にはじまり、列車や飛行機といった近代交通機関がもたらした新しい視覚、戦後から現代に至る目覚ましいサイエンス、テクノロジーの発展とともに変貌してきた視覚表現の軌跡を追う。あわせて、人類の普遍的な欲望である「秘められたものを見る」、「見えないもの見る」ことの試みについても考察する。
本展は、「ロボットと美術」展(2010年度)、「美少女の美術史」展(2014年度)に続く「トリメガ研究所」企画の第3弾、最終章として「めがね」をキーワードに、江戸時代から現代までの「みること」に対する人々の飽くなき探求の営みをたどる視覚文化史展である。

開催概要

  • 会期

    2018.07.202018.09.02
  • 会場

  • 観覧料金

    一般=1500円、高大生=1000円

    ※小学生以下無料
    ※心身に障がいのある方と付添者1名は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    めがねと旅する美術展青森実行委員会(青森テレビ、青森県観光連盟、青森県立美術館)
  • 休館日

    無休

  • 開館時間

    09:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

女子美術大学と佐藤志津展

学校法人女子美術大学の前身である私立女子美術学校の運営には、順天堂第三代堂主・佐藤進の妻である佐藤志津(1851-1919)が深くかかわっている。順天堂は天保14(1843)年に佐藤泰然(1804-1872)が佐倉に創始

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る