北海道

ユニマットコレクション フランス近代絵画と珠玉のラリック展

19世紀半ばから20世紀初めのフランスの美術界では、伝統的な価値観と革新的な美意識のせめぎ合いのなかで次々と新しい美の潮流が生まれた。当時の主流は、神話や宗教、歴史を題材に伝統的な美を追求した美術アカデミーの画家たち。この流れに反発して誕生したのが、パリ郊外の農村風景を描くバルビゾン派や、ありのままの社会の姿に目を向けた写実主義、太陽の移ろいで変化する自然の色彩をとらえようとした印象主義の画家たちなどであった。その後、社会の近代化が進むにつれてより独創性豊かな表現へと向い、強烈な色彩を用いたフォービスムの画家なども登場。やがて芸術の都にはさまざまな国から芸術家たちが集まり、彼らはエコール・ド・パリと呼ばれるようになった。
本展では、こうした時代を彩った画家たちの作品を紹介するとともに、20世紀初めのアール・デコを代表する工芸家、ルネ・ラリックのガラス作品もあわせて展示。ダヴィッド、ドラクロワ、ミレー、コロー、クールベ、ルノワール、ユトリロ、モディリアーニ、藤田嗣治(レオナール・フジタ)など、47作家96点を通してフランス近代美術の精華を紹介する。
出品作品はすべてオフィスコーヒーや介護、リゾートなど幅広く事業を展開しているユニマットグループに所蔵。本展は同社のコレクションを一挙に後悔する全国初の巡回展でもある。

開催概要

  • 会期

    2018.07.122018.09.02
  • 会場

  • 観覧料金

    【前売】一般=1000円、高大生=500円、中学生=300円
    【当日】一般=1200円、高大生=700円、中学生=400円

    ※小学生以下無料(要保護者同伴)
    ※身体障害者手帳や療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方とその引率者、児童、老人福祉施設に入所している方とその引率者、特別支援学校生とその引率者、生活保護を受けている方などはすべての展覧会が無料(受付で手帳等の提示をお願いします)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    北海道立旭川美術館、北海道新聞社、フランス近代絵画と珠玉のラリック展実行委員会
  • 休館日

    月曜日(7月16日を除く)

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

めがねと旅する美術展 世界をとらえる、秘密をのぞく、次元を越える、だまされてみる? あるいはレンズと鏡、そして技術革新と新視覚(青森展)

現代は膨大な視覚情報が溢れている時代。それらを「見る」ための器具として欠かせないのが、「めがね」だ。視力を補うため装置であると同時に、「レンズ」もまた広義の「めがね」として、ミクロやマクロの世界を可視化したり、写真や映像

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る