千葉県

女子美術大学と佐藤志津展

学校法人女子美術大学の前身である私立女子美術学校の運営には、順天堂第三代堂主・佐藤進の妻である佐藤志津(1851-1919)が深くかかわっている。順天堂は天保14(1843)年に佐藤泰然(1804-1872)が佐倉に創始した蘭医学塾で、全国各地から西洋医学を志す者が集い、蘭方医を学んだ。志津は明治37(1904)年、財政難のため廃校の危機に瀕していた女子美術学校の初代校主となる。「技術を身につけ、自立した女性の育成を目指す」という女子美術学校の理念に共感した志津は、以降没するまでの15年間にわたり学校経営を担い、熱心に女子教育にあたった。
平成31(2019)年には志津が没してから100年の節目を迎える。佐倉市立美術館では、志津に関する資料から女子美術大学ゆかりの作家の作品に至るまで、志津と女子美術大学の歴史について紹介する展覧会を開催。展覧会を通して、志津の目指した理念と活動、そして女子美術大学のこれまでの歩みを振り返る。

開催概要

  • 会期

    2018.07.072018.08.12
  • 会場

  • 観覧料金

    一般=600円、大・高校生=400円

    ※中学生以下無料
    ※市内在住の中・小学生には、学校を通じて、同伴者1名の無料券付き観覧パスポートを配布
    ※障碍者手帳をお持ちの方と、その介助者1名は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    佐倉市立美術館
  • 休館日

    7月9日(月)、17日(火)、23日(月)、31日(月)、8月6日(月)

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

未完の庭、満ちる動き

人は暮らしの中で、会社や学校あるいは国など何らかのコミュニティに属し、人種、性別、言語、政治、思想など様々なものを、意識的にも無意識的にも分類し、ルールや秩序を見出し、大きな枠組みとして捉える傾向がある。一つの個としては

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る