神奈川県

清方の旅-涼を求めて金沢八景へ-

江戸時代、現在の横浜市金沢区の海沿いは、史跡や豊かな自然に恵まれた風光明媚な地として「金沢八景」と呼ばれ、人々に親しまれていた。
子どもの頃に目にした版画や本で金沢の美しい風景に魅了され、憧れを抱いていた清方は、大正7年に同地へ旅行し、それが縁となり2年後には別荘を構える。たびたび家族と金沢へ出かけ、釣りや海水浴、山路の散策などを楽しんだ。
本展では、別荘に滞在した時に綴った絵日記作品の他、金沢の自然や夏の風物に取材した作品を紹介する。

開催概要

直前の記事

企画展「SPARK あの時君は若かった」

写実画家が若かった頃にインスピレーションを受けた作品や、写実絵画へ進むきっかけとなったエポックメイキングな作品と現在の作品を展示し、作風の進化、深化をたどる。また、作家所蔵の貴重な若き時代の作品も数点借り、15作家の約5

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る