神奈川県

国際陶磁器フェスティバル美濃 桃山から現代へ 志野、織部 伝統の継承展

美濃陶芸は、古くは桃山の華と称され、志野、織部は、侘び茶の誕生と共に隆盛を極めた。また、釉薬の展開と独自の表現により、日本陶磁史上稀に見る鮮やかな造形美を確立した。
本展は、三部構成、約120点の作品により美濃陶芸の歴史と現在を紹介する。
第一部は、桃山時代の志野、織部などの作品12点と近現代、人間国宝に認定を受けた荒川豊蔵、塚本快示、鈴木藏、加藤卓男、加藤孝造の5作家による5作品。第二部では、「国際陶磁器フェスティバル美濃’17」における受賞作・入選作からの約70点。そして第三部では、美濃陶芸の今後を担う約30作家による約30作品を展示する。

開催概要

  • 会期

    2018.06.152018.07.08
  • 会場

    そごう美術館
    https://www.sogo-seibu.jp/common/museum/index.html
    横浜市西区高島2-18-1 そごう横浜店6F
  • 観覧料金

    大人1000円、大学・高校生800円

    ※中学生以下無料
    ※ミレニアム/クラブ・オンカートをお持ちの方は団体料金
    ※障がい者手帳各種をお持ちの方、およびご同伴者1名さまは無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    そごう美術館、国際陶磁器フェスティバル美濃実行委員会
  • 休館日

    無休

  • 開館時間

    10:00〜20:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

清方の旅-涼を求めて金沢八景へ-

江戸時代、現在の横浜市金沢区の海沿いは、史跡や豊かな自然に恵まれた風光明媚な地として「金沢八景」と呼ばれ、人々に親しまれていた。 子どもの頃に目にした版画や本で金沢の美しい風景に魅了され、憧れを抱いていた清方は、大正7年

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る