神奈川県

太陽の塔リニューアル記念「街の中の岡本太郎 パブリックアートの世界」

公式サイト

岡本太郎が多面的な活動の中で、公園や学校などパブリックな空間に創作した作品は、全国に70ヵ所140点以上に及ぶ。太郎は、作品が個人の所有物となることを拒みつづけ、誰でもいつでも見ることの出来るパブリックな空間に作品を創り続けた。そこには「芸術のための芸術」ではなく、芸術が我々の日常空間にあって社会と芸術をつなげる不可欠な存在であり、人間の根源的歓びと感動を呼び覚ますという彼の芸術理念が貫かれていた。
本展は、日本万国博覧会テーマ館《太陽の塔》のリニューアルを記念して、太郎が生涯を通じて社会に打ち出したパブリック作品を俯瞰するもの。会場にはモザイクタイルを使った初期の作品から大阪・千里の《太陽の塔》、東京・渋谷の《明日の神話》をはじめとする全国津々浦々に創られた作品を、その原型、原画、スケッチ、写真等で紹介する。場との迎合を否定し、対立することでお互いの個性を生かすという太郎の作品に込められた思いと、社会に打ち出されたメッセージを知る機会となることを願っている。

開催概要

  • 会期

    2018.07.142018.09.24
  • 会場

  • 観覧料金

    一般=900円、高・大学生・65歳以上=700円

    ※中学生以下は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    川崎市岡本太郎美術館
  • 休館日

    月曜日(7月16日、9月17日、9月24日は開館)、7月17日、9月18日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

2018 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展

1964年から続く、世界で唯一の子どもの本専門の国際見本市「ボローニャ・チルドレンズ・ブックフェア」では毎年、絵本原画のコンクールが行われ、世界各地から多くのイラストレーターが作品を応募している。5点1組のイラストを用意

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る