東京都

明治150年記念Ⅰ 明治の夢二

竹久夢二(明治17~昭和9(1884-1934)年)というと「大正ロマン」のイメージですが、明治末にはすでに若者を中心に絶大な人気を得ていた。「夢二式美人」が誕生したのも、夢二の代表作「宵待草」の原詩が発表されたのも明治時代のこと。浪漫主義が花開き、自己表現への関心が高まった明治30年代。それに呼応するように登場した夢二は、甘く感傷的な時代の気分を体現した。当時の夢二は、興隆しつつあった社会主義運動への傾倒もみせている。
本展では、誕生からデビュー、人気挿絵画家となるまで、明治時代の竹久夢二に焦点をあて紹介する。

開催概要

  • 会期

    2018.07.012018.09.24
  • 会場

  • 観覧料金

    一般=900円、大・高生=800円、中・小生=400円

    ※弥生美術館も観覧可能

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    竹久夢二美術館
  • 休館日

    月曜日(7月16日(月・祝)、8月13日(月)、9月17日、9月24日(月・祝)は開館)、7月17日、9月18日

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る