東京都

松岡コレクション ―水のうつわ・空のうつわ 涼を招く東洋陶磁

水と空をキーワードに、館蔵のイラン・中国・ベトナム・韓国・日本の陶磁器を約50件紹介。
碧緑の青磁、ターコイズ・ブルーの青釉や澱青釉、白磁にコバルト・ブルーの文様が清々しい青花など、水や空の青さを感じる爽やかな色調のうつわを中心に、水注や杯など水や酒、茶のうつわ、波や魚、雲などの水と空にちなんだ文様のうつわもあわせて、涼やかな東洋陶磁を展示。また、中国清時代の翡翠楼閣花鳥図挿屏も特別展示する。

開催概要

  • 会期

    2018.06.052018.10.13
  • 会場

    松岡美術館( 展示室 4・5・6)
    http://www.matsuoka-museum.jp/
    港区白金台5-12-6
  • 観覧料金

    一般=800円、65歳以上・障害者=700円、中高大生=500円

    ※20名以上の団体は各100円引

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    松岡美術館
  • 休館日

    月曜日(祝日の場合は翌平日)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

松岡コレクション ― エコール・ド・パリを中心に

伝統を打破した印象派の誕生以降、次々と新しい動向が沸き起こり芸術活動の最前線となったパリ。その解放的な空気に憧れ、世界各地から各々の夢を胸に多くの画家志望者たちがパリに集った。カフェで芸術談義を交わし、仲間とパーティーを

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る