東京都

負けることの尊さ

「自分の希望や思いが通らぬのが人生であり、世の中です。自分の思いが通らぬということは、ことばを変えれば〈負け〉ですね。」〜『一生感動一生青春』(文化出版局)より〜
これが相田みつをの人生観だった。続けてこうも書いている。「自分の思いが通って、カッコよく勝つことなどはごく稀で、ほとんどは〈負け〉野井なる。それが人生じゃないかと私は思うんです。それならば、当たる確率の少ない〈勝ち〉の方へ的を合わせないで、確立の圧倒的に多い〈負け〉の方へ合わせておくほうがいいんじゃないか、というのが〈負け〉の人生ばかり歩いてきた私の持論です。だから負けることが人生の基本だと、と性根をすえるんです。」
勝つことがもてはやされる時代の中で、相田みつをは敢えて負ける人生を選択したと言える。
本展は、作品の中核になる〈負けることの尊さ〉について、様々な作品を通して紹介するもの。

開催概要

  • 会期

    2018.06.052018.09.30
  • 会場

    相田みつを美術館
    http://www.mitsuo.co.jp/museum/index.html
    千代田区丸の内3-5-1 東京国際フォーラム地下1F
  • 観覧料金

    一般800円、中・高校生500円、小学生200円、70歳以上500円

    ※未就学児は無料
    ※ 障がい者及び付き添いの方1名無料
    ※ ミュージアムショップのみの利用は入場無料
    ※ 金額はすべて税込表示

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    相田みつを美術館
  • 休館日

    月曜日(祝休日の場合は開館・振替休日なし)

  • 開館時間

    10:00〜17:30 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る