東京都

禅僧の交流 墨蹟と水墨画を楽しむ

公式サイト

中世、日本と中国の僧たちは商人の船で渡海し、親しく交流をもっていた。その様子は、師から弟子へ与えられたものをはじめ、禅僧が書いた個性豊かな墨蹟からもわかる。一方で日本の禅僧は、中国の文人にならった文化サークルに集い、その仲間とともに水墨画を鑑賞して賛を付し、詩と絵とによる見事な作品を誕生させた。また禅僧の中には、有名な雪舟のように絵画制作を専門とした者もいた。
本展では、禅僧たちによってはぐくまれた、人と人による交流の中で生まれた墨蹟と水墨画の名品を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2018.09.012018.10.08
  • 会場

  • 観覧料金

    一般=1100円、学生=800円

    ※20名以上の団体、障害者手帳提示者および同伴者は200円引き、中学生以下は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    根津美術館
  • 休館日

    月曜日(9月17日(月・祝)、9月24日(月・祝)は開館)、9月18日(火)、9月25日(火)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る