東京都

巨匠たちのクレパス画展 日本近代から現代まで

公式サイト

子供のころ誰もが手にしたことのあるクレパス。クレヨンとパステルの良さを兼ね備えた画材として、1925(大正14)年に日本で発明された。画面によく定着し、伸びやかで発色がよく、混色や塗り重ね、ひっかくなどの幅広い表現が可能。クレパスが学校教材として普及したため、もっぱら子ども向けのものと思われがちだが、その優れた特性は、油絵具の入手が難しかった第二次大戦直後に多くの画家たちに注目され、次第に独自な画材として絵画表現に取り入れられるようになった。
本展では、サクラアートミュージアムの絵画コレクションから、クレパス開発と普及に関わった画家・山本鼎をはじめ、大正から昭和にかけて日本画壇で活躍した巨匠たちを中心に、現代の作家たちの作品も併せて紹介する。100人を超える作家たちの魅力あふれるクレパス画の競演が楽しめる展覧会となっている。

開催概要

  • 会期

    2018.07.142018.09.09
  • 会場

    東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館
    http://www.sjnk-museum.org/
    新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42F
  • 観覧料金

    前売一般800円、大学・高校生500円
    当日一般1000円、大学・高校生700円、65歳以上800円

    ※中学生以下は無料(生徒手帳をご提示ください)
    ※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を提示のご本人とその付添人1名は無料(被爆者健康手帳を提示の方はご本人のみ無料)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館、産経新聞社
  • 休館日

    月曜日(7月16日は開館)、7月17日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る