東京都

水を描く ―広重の雨、玉堂の清流、土牛のうずしお―

2018年9月、世界各国の水の専門家が参加する「国際水協会(IWA)世界会議」が東京で行われる。水をテーマにした国際会議が催され、世界の水環境への関心がますます高まる今夏、山種美術館では、日本美術に表された水に注目し、水を描いた絵画が一堂に介する展覧会を開催する。
豊かな水源に恵まれた日本では、水は常に人々の生活とともにあり、美術作品においてもさまざまに表現されてきた。雨が池や湖をつくり、川となり海へ注ぐように、水は刻々と姿を変化させる。また、躍動する波や、光を反射する水面など、水が見せる表情は多くの画家の創作意欲をかきたてたのだろう。水を描いた絵画には、画家たちの優れた技巧や多彩な表現をみることができる。
本展では、同館が所蔵する江戸時代の浮世絵から近代・現代の日本画まで、水が描かれた作品を厳選し、紹介する。奥入瀬渓流に取材した奥田元宋(《奥入瀬(秋)》、鳴門海峡の渦潮を描いた川端龍子《鳴門》や奥村土牛《鳴門》は、川や海の流動する姿を生き生きと捉えている。また、土牛《那智》や千住博《ウォーターフォール》においては、勢いよく流れ落ちる滝が迫力ある大画面に描かれ、水の持つ神聖さも感じさせる。一方で、激しい夕立のなか、橋を行き交う人々を描いた歌川広重 (初代)《名所江戸百景 大はしあたけの夕立》[後期展示]や、雨に煙る山路を表した川合玉堂《渓雨紅樹》は、情趣豊かに雨の風景を描き出している。
これらの作品を通して、水の表現の幅広さとともに、画家たちが水に向けてきたまなざしや思いを感じることができる展覧会。暑い夏の季節に、涼やかな水の絵画を楽しもう。
※会期中一部展示替えあり

開催概要

直前の記事

生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。

2018年、いわさきちひろ(1918-1974)は生誕100年を迎える。にじむ色彩で描かれた子どもたち、花々、そして大きく空けられた余白。絵本、挿絵、カレンダーなど、さまざまなメディアを通じてその絵は生活の隅々にまで浸透

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る