東京都

涯テノ詩聲 詩人 吉増剛造展(東京展)

公式サイト

吉増剛造(1939~)は、1960年代から現在にいたるまで、日本の現代詩をリードし続けてきた。その活動は、詩をはじめとすることばの領域にとどまらず、写真や映像、造形など多岐に広がり、私たちを魅了し続けている。
常にことばの限界を押し広げてきた吉増の詩は、日本各地、世界各国をめぐり、古今東西、有名無名の人々との交感を重ねる中で綴られてきた。本展では、半世紀以上におよぶ活動の中から、各時代の代表的な詩集を柱とし、詩や写真をはじめとする吉増の作品群に加えて、関連するさまざまな表現者の作品や資料をともに展示する。
※会期中一部展示替えあり

開催概要

  • 会期

    2018.08.112018.09.24
  • 会場

  • 観覧料金

    一般=500円、大学生=400円、高校生・60歳以上=250円、小中学生=100円

    ※土・日曜日、祝休日及び夏休み期間は小中学生無料
    ※毎週金曜日は渋谷区民無料
    ※障がい者及び付添の方1名は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    渋谷区立松濤美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
  • 休館日

    8月13日(月)、20日(月)、27日(月)、9月3日(月)、10日(月)、18日(火)

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※金曜日のみ20:00まで開館  ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

杉浦邦恵 うつくしい実験/ニューヨークとの50年

杉浦邦恵は1963年、20歳の時に単身渡米し、シカゴ・アート・インスティテュートで写真と出会う。留学当初、写真を専攻する学生は杉浦をのぞいて殆どおらず、美術学校では絵画や彫刻がまだ主流という時代だった。しかし彼女は、表現

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る