新潟県

阿部展也 ―あくなき越境者(新潟展)

公式サイト

新潟県五泉市出身の、阿部展也(1913~71年、本名:芳文)。1937年、詩人で美術評論家の瀧口修造との共作、詩画集『妖精の距離』で一躍注目され、画家としての本格的なスタートを切った。また、前衛写真家としても、雑誌『フォトタイムス』を中心に旺盛な発表を行い、戦前期の日本写真史に見過ごすことの出来ない足跡を残している。
戦時中は陸軍報道部写真班員としてフィリピンに徴用され、記録写真の撮影とともに、陸軍が発行に関わった雑誌『みちしるべ』の表紙絵なども手掛けた。
戦後、画壇に復帰した後は、キュビスムやシュルレアリスム、アンフォルメル、幾何学的抽象へと目まぐるしく画風を変化させた。国際造形芸術連盟の執行委員を務めるなど、文化交流の最前線に立つ機会も多かった彼は、世界の新しい美術潮流にいち早く接し、それらを貪欲に吸収するだけでなく、雑誌への寄稿等を通じて日本へ紹介する役割も担っている。
画家、写真家、評論家、中世墓石彫刻の研究家等々、様々な顔をあわせ持ち、58歳でローマにて客死するまで、世界を所狭しに駆け回った阿部展也。そのグローバルな生き様は、まさに「あくなき越境者」と呼ぶべきものであったといえだろう。
本展は、新潟市美術館が所蔵する阿部作品からの精選を核として、各地のパブリック・コレクションや個人蔵の作品、新出の資料、関連作家の作品も合わせた約550点により展示構成する。

開催概要

  • 会期

    2018.06.232018.08.26
  • 会場

    新潟市美術館
    http://www.ncam.jp/
    新潟市中央区西大畑町5191-9
  • 観覧料金

    【前売】一般のみ=800円
    【当日】一般=1000円、大学生・高校生=800円
    ※中学生以下無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    新潟市美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
  • 休館日

    月曜日(7月16日(月)、8月13日(月)は開館)、7月17日(火)

  • 開館時間

    09:30〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る