静岡県

吉田博木版画展(静岡展)

公式サイト

吉田博(1876-1950)は、明治から昭和にかけて、水彩画、油彩画、本版画の分野で西洋画壇を牽引した画家として知られ、太平洋画会の中心人物として活躍した。44歳で自身の下絵による木版画が出版された後、49歳にして初めて自身の監修による木版画の作品を発表し、西洋の写実的な表現と日本の伝統的な木版画技法を統合した新しい木版画の創造をめざした。博は、こよなく自然を愛し、自然のなかにこそ美があるとし、自然とそれを直接見ることのできない人との間にたって、その美を表わすことを画家の使命とした。博の作品のほとんどは風景画で占められており、その取材範囲は、日本はもとより世界各国に及んでいる。
本展では、富士山の雄壮な姿を描いた「冨士拾景」や刻一刻と変化する海の表情を表した「瀬戸内海集」をはじめ約80点を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2018.07.202018.08.28
  • 会場

    MOA美術館
    http://www.moaart.or.jp/
    熱海市桃山町26-2
  • 観覧料金

    一般=1600円、高大生=1000円、小中生無料、シニア割引=1400円、障害者割引=800円

    ※ 高大生の方は入館の際、身分を証明できるものをご提示ください
    ※ シニア割引の適用は65歳以上となります。(証明できるものをご提示ください)
    ※ 障害者割引の適用は障害のある方とその付添者1名となります。(証明できるものをご提示ください)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    MOA美術館
  • 休館日

    木曜日

  • 開館時間

    09:30〜16:30 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

国画創作協会創立100年 榊原紫峰と国展の仲間たち

国展の略称で知られる国画創作協会は、大正7年(1918)に、土田麦僊、榊原紫峰、村上華岳、小野竹喬ら京都の新進気鋭の画家たちによって創立された。当時、文展に意欲作を発表するも評価を得ることができず、閉鎖的な審査に不信を抱

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る