静岡県

仏教館『すがた うるわし―仏像と近代絵画の出あい―』

公式サイト

仏像のもつたおやかな姿、絵画にあらわれるやわらかな線。作品のもつ美しさの中には、人を惹きつけてやまない“かたち”が存在している。十一面観世音菩薩像や阿弥陀如来像の仏像と、ルドンや鏑木清方など絵画作品とも共通するような“うるわしい姿”を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2018.05.262018.09.17
  • 会場

  • 観覧料金

    大人=1000円、学生=500円

    ※高校生以下無料
    ※障がい者手帳をお持ちの方は半額

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    上原美術館
  • 休館日

    無休

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

涯テノ詩聲 詩人 吉増剛造展(東京展)

吉増剛造(1939~)は、1960年代から現在にいたるまで、日本の現代詩をリードし続けてきた。その活動は、詩をはじめとすることばの領域にとどまらず、写真や映像、造形など多岐に広がり、私たちを魅了し続けている。 常にことば

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る