静岡県

没後20年 特別展 星野道夫の旅

1978年にアラスカに移り住み、20年近くにわたり極北紀行を重ねた星野道夫(1952-1996)。大自然が見せる多様な姿をカメラで追い続けると同時に、言葉により思索を深めた星野が残した仕事は、今日まで多くの人々を魅了し、変遷する自然と文明の関係を問いかけ、現代に生きるとは何かを改めて考えさせる。
本展では、ありのままの自然の姿が写し取られた「マスターピース」から、過酷な環境下で脈々と続く「生命のつながり」、極北に暮らす人々の精神性が見出された「神話の世界」まで、星野の写真と言葉による物語の世界が展示空間に立ち現れる。加えて、現地の取材で使用されたカメラやカヤック、貴重な記録映像や自筆原稿などの資料を展示し、星野が伝えたかった極北の世界へと鑑賞者を誘う。

開催概要

  • 会期

    2018.07.142018.09.30
  • 会場

  • 観覧料金

    大人=800円、高・大学生=400円、小・中学生無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    IZU PHOTO MUSEUM、朝日新聞社
  • 休館日

    水曜日(祝日の場合はその翌日)
    ※8月15日(水)は開館

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※9月は17:00まで  ※入館は閉館の30分前まで 
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る