NEW 愛知県

PLAY vol.2 -全ては遊びである⇄何ひとつ遊びではない

本展は「PLAY=遊び」に焦点をあて「遊び心のある表現」「遊戯的な要素を持つ表現」をキーワードに、アーティストに限らず様々な人々の表現を紹介する展覧会。
「遊び」は人間の営みにとって必要な要素。人は子どもの頃、遊ぶことで学び、遊びながら人間として生きる訓練をしてきた。そして、大人にとっても、社会や文化の中の遊戯性が、暮らしの中の楽しみ、やる気、生きがいのひとつとなっている。また、「遊ぶ」という言葉には「機械部品などのゆるみ、動きの自由」という意味もある。こうした視点から、本展は「美術」や「美術館」、「展覧会」という既存のイメージ・概念・制度を解きほぐし、ゆとりある態度と自由な視点で再構築することを試みるものである。
遊び研究では、文化の発生や人間のあらゆる活動は遊びを起源にしている、という考察がある一方で、それらは「遊び」を含めて社会生活の規則的な営みの中にあるものであり、何ひとつ遊びではないという考察もある。
本展を通して社会や日常の中の「遊び」を見つめ直し、その在り方や役割、重要性を改めて考える機会となれば嬉しい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る