愛知県

特別展 海たび 尾張・知多の海とひとびと

都市化と埋め立てが著しく進んで現在は海との関わりの記憶はほとんど失われているが、古代氏族「尾張氏」の海民伝承、宮の渡し、現在も盛んな漁業など、尾張・知多地方には古代以来一貫して、海に育まれた魅力的な歴史文化の地域色がある。
本展は、尾張・知多地方の海の文化を知り、楽しみ、親しんでもらうきっかけにしたいと、歴史・文化の古来の原像を追究する考古学と、主に近世以降の生活の中に文化的特色を見出す民俗学の学芸員2人が共同で企画した。「行ってみたくなる海の歴史散歩」をコンセプトに、盛りだくさんの展示品で知多半島と島々から名古屋周辺まで広がる海の世界を案内する。(展示資料数約300件)

開催概要

  • 会期

    2018.07.142018.09.17
  • 会場

    名古屋市博物館(1階 特別展示室・部門展示室)
    http://www.museum.city.nagoya.jp/
    名古屋市瑞穂区瑞穂通1-27-1
  • 観覧料金

    一般=800円、高大生=600円

    ※中学生以下無料
    ※名古屋市交通局の一日乗車券・ドニチエコきっぷを利用してご来館の方は当日料金から100円割引
    ※マナカでお支払いの方は当日料金から100円割引
    ※身体等に障害のある方および難病患者の方は、手帳または受給者証の提示により、本人と介護者2名まで当日料金の半額
    ※各種割引は重複してご利用いただくことはできません

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    名古屋市博物館、毎日新聞社、メ~テレ
  • 休館日

    月曜日(祝・休日の場合は開館、翌火曜日)、第4火曜日
    ※8月13日は特別開館

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

開館40周年記念 知られざる古代の名陶 猿投窯

名古屋市の東方に広がる丘陵地帯に、かつて陶器を焼いた窯の遺跡が無数に点在しており、これを「猿投窯」(猿投山西南麓古窯跡群)と呼んでいる。古墳時代から鎌倉時代にかけての約千年間操業した猿投窯は、瀬戸焼・常滑焼の源流ともなっ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る