愛知県

愛されたセト・ノベルティ展

セト・ノベルティは、100年以上に渡って制作が続けられ、輸出陶磁器の花形として多くの作品が海外に渡った。戦前、戦後に制作され輸出された作品には、日本の職人の技が発揮された素晴らしい工芸美術品といえる作品が多くある。
本展ではこれらの作品に再度脚光を当て、同館所蔵のノベルティの中から選りすぐりの作品160点余りを展示。特に米国の著名な画家であるノーマン・ロックウェルの作品をもとに制作されたノベルティを一堂に紹介するとともに、大型の人形、鷲などセト・ノベルティの秀逸な作品の数々も紹介する。

開催概要

  • 会期

    2018.08.042018.12.02
  • 会場

  • 観覧料金

    一般=1000円、高・大学生・シニア65歳以上=800円、中学生=600円、障がい者=700円
    ※小学生以下無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    横山美術館
  • 休館日

    月曜日(祝・休日の場合開館、翌日休館)、8月14日(火)、8月15日(水)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

「江戸名所図屏風」と都市の華やぎ

徳川家康の転封と開府をきっかけに、急速に発展した江戸の町。その繁栄をとらえた絵画のうち、「江戸名所図屏風」は明暦3年(1657)の大火以前の様子を伝える貴重な作例だ。画面には、さまざまな労働に勤しみ、あるいは歓楽街に集い

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る