京都府

西尾維新大辞展〜京都篇〜(京都展)

©西尾維新/講談社

「京都の二十歳」としてデビューし、昨年作家業十五周年を迎えた西尾維新の展覧会『西尾維新大辞展~京都篇~』がを開催。
京都が舞台のひとつとなっている戯言シリーズをはじめ、〈物語〉シリーズ、忘却探偵シリーズを中心に西尾維新の世界を紹介する本展では、かつてない”広大な辞書空間”となった会場を舞台に、作品に登場する数々の名文や、装画・アニメーション原画や動画を展示。さらに初公開となる「書き下ろし小説」、西尾維新の世界を五感で味わえる「体験型展示」など、様々な方法で西尾維新を紹介する。そして、東京にはじまり大阪、岡山、名古屋、福岡と全国開催された本展はいよいよ京都の地でファイナルを迎えることとなる。
各地で大評判であった西尾維新による脚本を豪華声優陣がナレーションするキャラクター音声ガイドはもちろん、その音声ガイドをつとめた声優や、西尾維新アニメプロジェクトスタッフによるトークショーなどのイベントや、同館1階の江戸時代末期の京の町家の表構えを復元した「ろうじ店舗」でのコラボカフェ、描き下ろしイラストを使用した展覧会オリジナルグッズなど「~京都篇~」ならではの展開も目白押し。
「西尾維新大辞展」がパワーアップし、西尾維新史上”最広”で”最京”の一冊を楽しんでほしい。

開催概要

  • 会期

    2018.07.072018.09.17
  • 会場

    京都文化博物館(4階特別展示室)
    http://www.bunpaku.or.jp/
    京都市中京区三条高倉
  • 観覧料金

    一般・大学生=1,400円、高校生=700円、中学生=500円

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    京都府、京都文化博物館、朝日新聞社、ABCテレビ、ローソンチケット、講談社
  • 休館日

    月曜日(7月16日(月・祝)、7月17日(火)、9月17日(月・祝)は開館)

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※金曜日は19:30まで  ※入館は閉館の30分前まで 
  • お問い合わせ

  • SNS

  • カレンダーへ登録

直前の記事

バウハウスへの応答

1919年、今からほぼ100年前に先進的な総合芸術学校バウハウスが、ドイツのヴァイマールに設立された。設立に際し、初代校長ヴァルター・グロピウスは「バウハウス宣言(Bauhaus-Manifest)」を公にする。そこには

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る