京都府

京のさきがけ

明治時代、維新前夜の混乱と天皇の東幸を機に人口が激減するなど、衰退の一途をたどろうとしていた京都で、輸出用美術工芸にいち早く活路を見出し、京都の復興を支えた人々がいた。粟田焼の錦光山宗兵衛は金彩色絵を施した薩摩金襴手様式の陶器、京薩摩を制作し、並河靖之は優美で洗練された有線七宝を完成させ、呉服商の西村總左衛門(千總)や飯田新七(高島屋)は日本画家に下絵を依頼し、刺繍絵画や天鵞絨(ビロード)友禅という新たな美術染織の分野を開拓。いずれも国内外の博覧会などで高い評価を受け、京都を訪れる外国人旅行者はしばしば彼らの工房を訪ねた。

開催概要

  • 会期

    2018.05.262018.08.19
  • 会場

    清水三年坂美術館
    http://www.sannenzaka-museum.co.jp/
    京都市東山区清水寺門前産寧坂北入清水3-337-1
  • 観覧料金

    大人=800円、大・高・中学生=500円、小学生=300円、幼児無料

    ※障害者手帳をお持ちの方と付き添い者1名は、50%割引
    ※団体での来館の場合には、事前問合せ

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    清水三年坂美術館
  • 休館日

    月・火曜日(祝日は開館)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

西尾維新大辞展〜京都篇〜(京都展)

「京都の二十歳」としてデビューし、昨年作家業十五周年を迎えた西尾維新の展覧会『西尾維新大辞展~京都篇~』がを開催。 京都が舞台のひとつとなっている戯言シリーズをはじめ、〈物語〉シリーズ、忘却探偵シリーズを中心に西尾維新の

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る