滋賀県

赤と青のひ・み・つ 聖なる色のミステリー

太古の人々にとって、「色」は自然そのものだった。そして、「色」を何かに施すことは、自然のエネルギーをもってする呪術であり、象徴的な意味を加えることでもあった。やがて美を意識して彩色するようになるが、「色」が今日のように、純粋に「彩る」ことのみを目的として使われるようになるのは、中世あるいは近世以降のこと。一方、現代の私たちは自然か離れた場所にいても、自然界で目にする以上に多彩な色に触れることができるようになった。
赤と青は、古代世界においてはいずれも信仰と深く結びつき“聖なる色”と捉えられていたようだ。また、赤と青は、一般的にあらゆる色のなかで最も強いイメージがあるとされる2色であると同時に、一方は動的で他方は静的であるなど、両極の側面を持つ色だとも言える。
本展では、古代から近世における日本そして世界の美術品に表された赤と青を取り上げ、人々が古より「色」とどのように関わってきたかを考える。さらに、夏休みスペシャル企画として、おとなもこどもも太古の世界へのタイムスリップ!!現代の私たちが見失いかけている“色のエネルギー”を心で感じ取ってもらえるような、様々な体験コーナーやワークショップなども用意。

開催概要

  • 会期

    2018.06.302018.08.26
  • 会場

    MIHO MUSEUM
    http://miho.jp/japanese/index.htm
    甲賀市信楽町田代桃谷300
  • 観覧料金

    大人=1100円、高校・大学生=800円、小学生・中学生=300円

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    MIHO MUSEUM、京都新聞
  • 休館日

    月曜日(7月16日(月)は開館)、7月17日(火)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入場は閉館の60分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

特別企画「世界の形象土器」展

世界の国々でつくられている土器は、自然の中の精霊や祖霊、あがめられている動物をうつわの模様や造形の一部に表現し、その土地の素材である粘土や独特の手法によって制作されている。それらには、人々の暮らしの中の祈りにも似た願いが

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る