奈良県

修理完成記念特別展 糸のみほとけ―国宝 綴織當麻曼荼羅と繡仏―

日本では刺繡や綴織など「糸」で表された仏の像が数多く作られた。とりわけ、古代では大寺院の一堂の本尊とされる花形的存在であった。綴織當麻曼荼羅(国宝、奈良・當麻寺蔵)や刺繡釈迦如来説法図(国宝、奈良国立博物館蔵)は、その隆盛のさまを伝える至宝。また、糸を縫い、織る行為は故人の追善につながり、聖徳太子が往生した世界を刺繡で表した天寿国繡帳国宝、奈良・中宮寺蔵)が生み出された。鎌倉時代以降、刺繡の仏は再び隆盛を迎えるが、その背景には綴織當麻曼荼羅を織ったとされる中将姫に対する信仰があった。極楽往生を願う人々は中将姫に自身を重ね、刺繡によって阿弥陀三尊来迎図や種子阿弥陀三尊図を作成した。
本展は綴織當麻曼荼羅の修理完成を記念し、綴織と刺繡による仏の像を一堂に集める特別展。天寿国繡帳、綴織當麻曼荼羅、刺繡釈迦如来説法図の国宝3点が一堂に会する空前の企画となっている。本展を通して絵画とも違う「糸」の仏の世界の魅力を鑑賞してほしい。

開催概要

  • 会期

    2018.07.142018.08.26
  • 会場

    奈良国立博物館(東新館・西新館)
    http://www.narahaku.go.jp/
    奈良市登大路町50
  • 観覧料金

    【前売・団体】一般=1,300円、高校・大学生=800円、小・中学生=300円
    【当日】一般=1,500円、高校・大学生=1,000円、小・中学生=500円

    ※前売券の販売は、5月14日(月)から7月13日(金)まで
    ※団体は20名以上
    ※障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
    ※この観覧料金で、名品展(なら仏像館・青銅器館)も観覧できます
    ※奈良国立博物館キャンパスメンバーズ会員の学生の方は、当日券を400円でお求めいただけます。観覧券売場にてキャンパスメンバーズ会員の学生であることを申し出、学生証提示

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    奈良国立博物館、読売テレビ、日本経済新聞社
  • 休館日

    月曜日(7月16日、8月13日は開館)

  • 開館時間

    09:30〜18:00 ※毎週金・土曜日と8月5日(日)~15日(水)は19:00まで  ※入場は閉館の30分前まで 
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

赤と青のひ・み・つ 聖なる色のミステリー

太古の人々にとって、「色」は自然そのものだった。そして、「色」を何かに施すことは、自然のエネルギーをもってする呪術であり、象徴的な意味を加えることでもあった。やがて美を意識して彩色するようになるが、「色」が今日のように、

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る