奈良県

特別企画展「大和文華館の日本漆工―特別出陳:酒井抱一下絵・原羊遊斎作 蒔絵作品―」

漆を用いた工芸品は、日本で長い伝統を誇る。艶やかな黒漆や朱漆が器物を美しく飾り、螺鈿や蒔絵などの技法が発展した。江戸時代を代表する蒔絵師の一人が、原羊遊斎。人気絵師である酒井抱一と組んで、繊細華麗な蒔絵作品の数々を生み出した。
本展では、館蔵の奈良時代から江戸時代までの漆工芸を展示するとともに、特集コーナーにて原羊遊斎作品を特別出陳する。

開催概要

  • 会期

    2018.07.062018.08.19
  • 会場

  • 観覧料金

    一般=620円、高校・大学生=410円、小学・中学生無料

    ※「障がい者手帳」をお持ちの方とご同伴者1名まで2割引

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    大和文華館
  • 休館日

    月曜日(祝日の場合は開館し、翌平日休館)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は16:00まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

京のさきがけ

明治時代、維新前夜の混乱と天皇の東幸を機に人口が激減するなど、衰退の一途をたどろうとしていた京都で、輸出用美術工芸にいち早く活路を見出し、京都の復興を支えた人々がいた。粟田焼の錦光山宗兵衛は金彩色絵を施した薩摩金襴手様式

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る