三重県

弄山生誕300年 萬古焼所蔵館連携事業 萬古の名陶

江戸時代中期、桑名の豪商沼波弄山(1718~77)が別邸のあった小向村(現・三重郡朝日町)に窯を築き、始めたのが萬古焼。弄山一代で途絶えた萬古焼は、江戸時代後期には四日市、松阪などの各地で再興され、時代と共に発展を遂げた。
現在、パラミタミュージアムの収蔵萬古作品は1200点を超え、江戸期古萬古から昭和萬古までを網羅し、国内外から質・量ともに高い評価を受けている。本展は弄山生誕300年を記念し、古萬古を中心に展示する。

開催概要

  • 会期

    2018.06.072018.07.29
  • 会場

    パラミタミュージアム
    http://www.paramitamuseum.com/top.html
    三重郡菰野町大羽根園松ヶ枝町21-6
  • 観覧料金

    一般=1000円(4枚セット=3000円)、大学生=800円、高校生=500円、中学生以下無料

    ※障害者手帳をお持ちの方無料(美術館受付にてご提示ください)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    公益財団法人岡田文化財団パラミタミュージアム
  • 休館日

    会期中無休

  • 開館時間

    09:30〜17:30 ※入場は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

大山山麓の至宝 ~「大山」ゆかりの刀を中心に~

鳥取県西部では古くから、大山山麓で産出する砂鉄を使用し、かんな流しとたたら製鉄で鋼を生産していた。こうした背景のもと、平安時代には、反りのある日本刀では日本最古級の名匠として知られる刀工・伯耆安綱を輩出。大山を中心に古代

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る