広島県

企画展「初公開!世界を驚かせた日本人の地図づくり」

同館寄託の日本最大級の古地図コレクション「守屋壽コレクション」の第3回目の展覧会。今回は、新発見の伊能忠敬の日本地図など幕府の日本地図を中心に、地図づくりの進歩の様子を、コレクションに新たに加わった資料を交えて紹介する。併せて、県内には他に例がない安芸国絵図や備後国絵図のほか、広島城・福山城下の古地図も紹介し、その上で、江戸時代の地図づくりが、時代を生きる人々に利用され、また、人々の暮らしを支えていた様子を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2018.07.192018.09.24
  • 会場

  • 観覧料金

    一般=700円、高・大学生=520円、小・中学生=350円

    ※身体障害者手帳・戦傷病者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳(障害者手帳)の交付を受けておられる方は無料
    ※校長が学校教育活動であることを証明した小学校・中学校・高等学校及び特別支援学校の児童・生徒は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    ふくやま草戸千軒ミュージアム(広島県立歴史博物館)
  • 休館日

    月曜日(9月17日〔敬老の日〕・9月24日〔振替休日〕を除く)、9月18日(火)

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入場は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る